上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

活用しようのコンテンツでもふれているように、サポートブックは作った後が肝心。
話し合いが不可欠であり、サポートする側(学校の先生やヘルパーさん)と、保護者の間の考えや希望はもちろんのこと、サポートの内容が
サポートを受ける本人にとって、プラスになっているかどうかが重要だと思います。

以下は私なりにサポートするということについて考えたことです。


★視覚支援は本当に子供のため?★

近年、発達障害についての情報がインターネットや書籍などからたくさん手に入れることができるようになりました。
そう、今は情報があふれている時代。黙っていても向こうから飛び込んでくる。
それ自体はとっても良いことだし、すごくありがたいですよね。

そういった情報の中で、視覚支援という言葉を最近よく聞くようになりました。
TEACCHプログラムなどで自閉症などの発達障害児に有効ということで
広まっていったように思われます。
しかし残念なことに、その効果や方法だけが先行し、まるで自閉症児にとって『魔法の薬』のように誤解していらっしゃる方がいます。
(視覚支援についてきちんと理解した上で使ってる方のほうが多いのですが)

私が心配なのは(自分でも失敗しがちなのが)その視覚支援を利用し、周りの状況や希望に本人を無理やり(あるいは無意識に)従わせてしまう結果になることです。
視覚支援は本人とっての支援であって、周りの人間のためにいうことを聞かせる道具ではありません。
私は娘のサポートを考える時、それを忘れないように自分に言い聞かせています。

ここまで書くと、私がTEACCHプログラムに反対なのか?と思われてしまうかもしれませんが、そうではありません。
娘には絵カードなどの視覚支援を使ったことがありますし、、その他にも娘のためになっていると思われることはどんどん試しています。
TEACCHプログラムそのものが悪いわけではありません。
かなり有効なサポートツールと言えます。
しかし障害があるなしにかかわらず、人は誰しも視覚情報にある程度頼っているものです。


★方法は"ひとつ"ではない★

はたして、発達障害児にとってサポートツールとなるのは、
TEACCHプログラムだけなのでしょうか?

本人のためにとってよい方法というのはたったひとつではないはずです。
皆さんもご存知のように、発達障害と一口にいっても、その子によって状態はさまざまです。当然方法も千差万別。

その子にあった方法を見つけるには、やはり本人と思う存分向き合って
ああでもない、こうでもないと色々な方法を試行錯誤していくことだと思います。
そうして生まれてきたアイデアは自閉症児のためのサポートではなく●●さんのためのサポートになるのです。つまり本人のためのオリジナル。

マニュアルどおりにするのは楽です。私もそう思っていた時期がありました。
しかし、子供の本当の力はマニュアルでは身につきません。
試行錯誤はオリジナルをたくさん生み出していく行為です。
方法はひとつではないということ。
ひきだしは多ければ多いほうがいいのです。

そして、本人のためになっていない方法ならばスッパリとやめる勇気と
必要な情報を選び取る力が必要だと思います。


★心の葛藤がこどものステップUPに★

方法はひとつではない。私が自分自身に言い聞かせていることです。
子供にとってよいと思われる方法をあれこれ考えたり、本当にこの方法でよいのだろうかと、再確認したり。

こういった心の葛藤が結果的に私のスキルUPとなり、それが子供にとってもよい結果をもたらしたことも少なくありません。
そしてそれは、子供にも同じことがいえるのだと思います。

例えば・・・娘の場合、手芸が好きで帽子を編んだことがあるのですが
はじめはなかなかコツがつかめず、うまく編めませんでした。
編み目が固くなったり、外れてしまったり・・・
『どうしてこうなってしまうの!もうイヤ!』と何度投げ出しそうになったことか。
しかし編みたい気持ちがあるので諦めたくない。
娘はいろいろと編み方を試しだしました。

糸を押さえる位置を変えてみたら?それとも引っ張る強さを変えようか?
何度も何度も試します。
そのうち、糸の押さえ方を工夫すれば編み目が整えられることが分かったようです。

そばで見ている私には、始めから正しいと思う方法は分かっているので
ついつい答えを言ってしまいたくなります。
しかし、ここで方法を教えてしまうと娘が自分で考えたり、試したりする機会を奪ってしまうことになるのです。

もちろん何のヒントもなしに答えに辿り着くのは難しい場合もあるでしょう。
その時は子供の発達段階に応じて、適当にヒントを出してあげて本人にとってほんの少し頑張れば越えられるハードルに設定してあげるのす。

あ、そうか!わかったぞ!
この達成感の積み重ねが、次への頑張りにつながっていくのだと思います。

こうして編み上げた帽子は、当然娘のお気に入り!になりました。


★実は大事な"衣・食・住"★

さて、お子さんへのサポートについては、前述のようにいろいろな方法があります。
どれが正しい方法、悪い方法というわけではなく、あくまで本人に合ったものがよい方法になるのです。
子育てにこれが絶対正しい!という方法は存在しません。

ワタシ達はとかく忘れがちになるのですが、衣・食・住など『当たり前』とか『いまさらそんなこと』と、一見判断しがちなことにこそ、子育ての重要なヒントが隠されています。

食べて、寝て、遊んで、だして(排泄)。
この基本が崩れていると
子供に"こうなってほしい"と一生懸命願う親の気持ちや本当に必要な支援が子供本人はもちろんこと、周囲の人たちにも伝わりにくくなってしまうのではないでしょうか。

私の娘の場合、パニックの原因が実は蓄膿症だったことがあります。
自閉症からくるパニックではなく、体の不調だったのです。
そんなつもりはなかったのですが、不機嫌そうな娘を何でもかんでも自閉症と関連付けて考えていたのかもしれないと猛反省した出来事でした。

環境を整えることや身辺自律(自立ではなく)は、実はとても大事なことなのです。

おいしくご飯が食べられているか?睡眠は充分とれているか?
子供の環境を、もう一度見直してみませんか?

【2007/05/01 16:14】 | サポートするということ
トラックバック(0) |
★あなたの心と体はどうですか?★

人間というのは、どんなに健康な人でも体の具合が悪くなったり
心が疲れたりするものです。
私は今でこそ、娘の存在を負担に思うようなことは少なくなったのですが娘に障害があると分かった時、『この子に明るい未来はない』と勝手に思い込み自暴自棄になっていた時がありました。

そう、心がかなり疲れていたんです。そのことに気づいてさえいませんでした。
幸い、当時娘が市の療育施設に通園していたこともあり、悩みを聞いてくれる仲間がいました。
仲間のいろいろな考え方や物の見方をにふれるうち、だんだんと前向きになっていく自分がいました。
そうして自分自身の心が癒えたとき、初めて本気で娘と向き合うことができるようになりました。

心が疲れているとき、近くに相談できる相手はいますか?
あなた自身が心からリラックスできる時間はありますか?

相談相手が身近に思い当たらない時、または相談しづらい内容のとき行政や民間の相談機関を利用するのもひとつの方法です。
親の会やサークルで仲間を見つけるのもいいでしょう。

問題の解決にはならなくてもあなたの心の健康を取り戻せるかもしれません。

そして、けっして無理をしないで下さい。
お子さんはもちろんこと、あなたの"衣・食・住"も見直してみてください。
体が健康でないと、うまく気持ちが働かない時もあります。

子育ては障害があるなしにかかわらず、時間がたってはじめて成果が目に見えるものです。
だったらどーんと腰をすえて取り組むしかありませんよね。
無理せず、自分のペースをつかみましょう。


★私はひとりじゃない★

実はここで書いていることは、私が一人で考えたことではありません。
先ほどもでましたが、療育園時代の仲間、親の会の友達の意見、尊敬する言語療法士の方の影響をかなり受けています。

月並みですが、人間は一人で生きているわけではなく、どこかで誰かと
つながって生きているのだと思います。

私は子供のことで悩んだ時、なるべく多くの人の意見を聞こうとします。
自分の"ひきだし"を増やすためです。

そして一見、娘と違うタイプの子供さんの話であったり、全然関係ないと思われる話でもなるべく自分の娘や私自身の状態に置き換えて話を聞くようにしています。
そうして少しでも参考になる部分があれば取り入れるようにもしています。

オリジナルが大事と先ほど書きましたが、まったくのオリジナルというのは正直なところ、難しいと思います。

私達は今、その昔に先輩達が苦労してつけてくれた道のりを歩かせてもらってるのかもしれません。
いろいろな道が存在し、いろいろな景色を見聞きし、そのなかから自分の道を見つけ出した時こそがオリジナルの始まりです。

私は、これからもたくさんの人との出会いや娘との生活を楽しみたいと思います。

ぜひ、あなたのオリジナルも機会があれば聞かせてくださいね。

【2007/05/01 16:20】 | サポートするということ
トラックバック(0) |
4年生の時に使っていたカードです。

身辺自立の一環として、声かけしなくても自分で気づけて動けるようにするのが目標でした。
現在ではカードを使わなくても一日の流れが把握できているようです。
何より本人が、朝の学校用意の時の混乱から開放され、気分的に楽なったようでした。


card-1[1].jpg
左が作ったカードです。
(一応、絵もPCで作りました)
色画用紙のB4を買ってきて
半分に切り、絵を印刷します。


一枚の紙に表で何枚かのカードを印刷してあるのでそれを線で切り取ってカードにします。
絵カードの補強のため、全面に荷造り用の透明テープを張ります。
パンチで穴を開けて完成です。
ツッパリ棒を壁の面に渡し、ツッパリ棒用のフックを取り付けます。
そこへ絵カードをつるします。
材料は全て100円ショップで調達(笑)


card-2[1].jpg
カードの使い方は、朝ご飯を食べたら
『あさごはん』のカードを裏返して
隣のフックにかけます。
これが『終わりました』の合図です。



asagohan[1].gif


これが絵カードです。
ほとんどが丸と直線の
組み合わせで出来た
簡単な絵です(笑)






以前聞きに行った講演会で聞いた話なのですが、『声かけしてもらって出来ている』というのは本当の意味での『身辺自立が出来ている』とは言えないんだそうです。

本当の自立とは自分の意思で『やろう』と思い、行動に移せることなのだそうです。
娘の生活を見直してみると、やはり出来ていることの中には声かけしないと出来ないものも、数多くあることに気付きました。

実際使ってみると、朝の準備がかなりスムーズになりましたし、何より本人が準備の流れを把握できたので、気持ち的に楽になったようでした。
効率の良い順番も頭の中に入ったようでした。


絵カードを全てご覧になりたい方はこちら
別窓で開きます。

絵カードはダウンロードOKです!
ダウンロードされた方は、コメント残してくださると嬉しいです♪

【2007/05/01 16:44】 | 支援ツール情報局
トラックバック(0) |
娘の苦手分野を少しでも解消したくて、コミック会話での視覚支援の方法をとってみることにしました。

内容はこちら

言葉づかい、買い物、お友達とのコミュニケーションの3種類です。
3年生の時に使っていたのですが、ワタシといっしょに見たり、自分でも見たりしていました。

ワタシといっしょに見るときはロールプレイングもしていました。
コミックの内容をいっしょに実演してみるんです。

遊びでお芝居ごっこ、のような感じで演じてみるんです。


ある程度続けてみた結果。。。

言葉づかいは多少は良くなったものの、なかなかうまくいきません。その時は納得しても、いざとなるとついつい、キツイ言葉づかいになってしまいます。
今も継続して、ロールプレイングしています。

お買い物は自分で品物選びから支払いまで、できるようになりました。
この場合、ロールプレイングより実際に買い物体験を重ねる事を続けました。
ただし、まったくのひとりではまだ無理です。
でも、買い物できるようになっただけでも成長です!引き続き支援していきます。

お友達とのコミュニケーションでは、現在は養護学校に通っているんですが、かなり積極的に話しかけられるようになりました。
小学校時代は難しかったのですが、今はのんびりした環境なのでお友達作りも順調です。

このように、一歩ずつですが成長を重ねています。

【2007/05/02 16:21】 | 支援ツール情報局
トラックバック(0) |
高機能自閉症・アスペルガー症候群入門 ―正しい理解と対応のために
内山 登紀夫 吉田 友子 水野 薫

480582185X

高機能自閉症・アスペルガー症候群 「その子らしさ」を生かす子育て アスペルガー症候群と高機能自閉症の理解とサポート―よりよいソーシャルスキルを身につけるために アスペルガー症候群とパニックへの対処法 ガイドブック アスペルガー症候群―親と専門家のために 高機能広汎性発達障害―アスペルガー症候群と高機能自閉症
by G-Tools

読者さんからのお勧めです。
有名な方が著者なので、ご存知の方も多いでしょうか。
読者さんが書評を書いてくださいましたので、
ぜひご覧になってください。こちらです。


自分をコントロールできないこどもたち
―注意欠陥/多動性障害(ADHD)とは何か?


宮尾 益知

4062592193

by G-Tools

ADHDについて詳しく説明された本です。
特徴や原因、関わり方などが主な内容です。
この情報は『めぐみのHP』のめぐみさんからいただきました。
めぐみさん、どうもありがとうございます!


こころをラクに、あたまをクリアに―
遅れのある子をはぐくむ親と専門家のために


大林 泉

画像なし

子どもの障害をどう受容するか―家族支援と援助者の役割 発達に遅れのある子の親になる―子どもの「生きる力」を育むために 子どものこころとことばの育ち 親・教師・保育者のための遅れのある幼児の子育て―自閉症スペクトラム、ADHD、LD、高機能自閉症、アスペルガー障害児の理解と援助 健診とことばの相談―1歳6か月児健診と3歳児健診を中心に
by G-Tools

地域の親の会の方から紹介していただきました。
発達障害児をもつ親がホッとできるような本です。
著書の方は臨床心理士で重度知的障害児の母親です。


自閉症だったわたしへ〈3〉

4102156135

ドナ ウィリアムズ Donna Williams 河野 万里子・訳

自閉症だったわたしへ〈2〉 自閉症だったわたしへ ドナの結婚―自閉症だったわたしへ 我、自閉症に生まれて 自閉症の才能開発―自閉症と天才をつなぐ環
by G-Tools

娘が自閉症だと分った時に、最初に読んだ本です。
少しむずかしめの本ですが、娘と重なる部分があり参考になりました。
自閉症者本人の著書なので理解に大いに役立ちます。

【2007/05/07 10:33】 | メディア(本・TVなど)
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。