上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4年生の時に使っていたカードです。

身辺自立の一環として、声かけしなくても自分で気づけて動けるようにするのが目標でした。
現在ではカードを使わなくても一日の流れが把握できているようです。
何より本人が、朝の学校用意の時の混乱から開放され、気分的に楽なったようでした。


card-1[1].jpg
左が作ったカードです。
(一応、絵もPCで作りました)
色画用紙のB4を買ってきて
半分に切り、絵を印刷します。


一枚の紙に表で何枚かのカードを印刷してあるのでそれを線で切り取ってカードにします。
絵カードの補強のため、全面に荷造り用の透明テープを張ります。
パンチで穴を開けて完成です。
ツッパリ棒を壁の面に渡し、ツッパリ棒用のフックを取り付けます。
そこへ絵カードをつるします。
材料は全て100円ショップで調達(笑)


card-2[1].jpg
カードの使い方は、朝ご飯を食べたら
『あさごはん』のカードを裏返して
隣のフックにかけます。
これが『終わりました』の合図です。



asagohan[1].gif


これが絵カードです。
ほとんどが丸と直線の
組み合わせで出来た
簡単な絵です(笑)






以前聞きに行った講演会で聞いた話なのですが、『声かけしてもらって出来ている』というのは本当の意味での『身辺自立が出来ている』とは言えないんだそうです。

本当の自立とは自分の意思で『やろう』と思い、行動に移せることなのだそうです。
娘の生活を見直してみると、やはり出来ていることの中には声かけしないと出来ないものも、数多くあることに気付きました。

実際使ってみると、朝の準備がかなりスムーズになりましたし、何より本人が準備の流れを把握できたので、気持ち的に楽になったようでした。
効率の良い順番も頭の中に入ったようでした。


絵カードを全てご覧になりたい方はこちら
別窓で開きます。

絵カードはダウンロードOKです!
ダウンロードされた方は、コメント残してくださると嬉しいです♪
スポンサーサイト

【2007/05/01 16:44】 | 支援ツール情報局
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。